So-net無料ブログ作成

空き家を相続すると税金を支払わなければならない!?~相続税問題~ [相続税の問題]

よくネットやニュース番組、雑誌等でも取り上げられていますので、もう既にあなたもご存知かもしれませんが







「相続税」制度の内容が2015年1月1日に改正されました。
(改正された新たな相続税制度の内容が施行されます。)








その改正内容で最も気にしなくてはいけないのが、「基礎控除額」の引き下げです。






2014年12月31日までに相続が発生した場合の相続税基礎控除額は




5,000万円+法定相続人数×1,000万円




つまり、とある85歳の女性が亡くなり、法定相続人がその女性の息子と娘の2人いる場合で、亡くなった女性の残した金融資産(不動産含む)が7,000万円超であれば、相続税が発生するという規定でした。

※法定相続人に配偶者がいると配偶者控除が受けられるため、今回は配偶者がいないケースにしております。








それが2015年1月1日以降に相続が発生した場合、基礎控除額は



3,000万円+法定相続人数×600万円






つまり、先ほどの85歳女性のパターンで考えると、4,200万円以上の金融資産(不動産含む)を残して亡くなられると相続税が発生することになります。




昨年までは全国・全世帯の4%だけが課税対象だった相続税が、この改正により23%(約1,220万世帯)もの世帯が課税対象になったと言われています。







特に都市部の不動産は評価額が高額ですから、新たな基礎控除額くらいでしたら簡単に越えてしまう不動産も多いでしょう。


このことから、最近では「戸建ての家を持っていたら相続税がかかる」とも言われ始めています。






では実際に幾らの相続税が発生するのでしょうか。








相続税率の改正は下記の表でご確認ください。↓


相続税改正表.gif


↑税率が上がるのは2億円以上~3億円未満と、6億円以上の場合。




①では、5,000万円子供2人で相続した場合、相続税は幾らになるのでしょうか。


基礎控除額が4,200万円ですから、上記表より


(5,000万-4,200万)×1/2=400万

400万×税率10%=40万

40万×2人=80万



2人で80万円の相続税を支払わなくてはなりません。




6,000万円を相続した場合。


基礎控除額は変わらず4200万円ですから、上記表より

(6,000万-4,200万)×1/2=900万

900万×税率10%=90万

90万×2人=180万



2人で180万円の相続税。



7,000万円を相続した場合。


基礎控除額は変わらず4,200万円、上記表より

(7,000万-4,200万)×1/2=1,400万

1,400万×税率15%-控除額50万=160万

160万×2人=320万


2人で320万円の相続税。




④次は一気に上がって1億円を相続した場合。


基礎控除額は変わらず4,200万円、上記表より

(10,000万-4,200万)×1/2=2,900万

2,900万×税率15%-控除額50万=385万

385万×2人=770万


2人で770万円の相続税。






と、このような計算で支払う義務が発生するのが新・相続税です。







いきなり何十万、何百万も払えと言われたら一般的な家庭だとなかなかキツイものがありますよね。

お札.jpg







実際、相続税が払えなくて破産される方もおられます。あなたの親族が頑張って築いた・残した財産のせいで破産なんてバカバカしいですよね…。








そうならない為にも、不動産、特に利用していない空き家をお持ちであるなら相続税のことをしっかり考え、もし今相続が発生したとして、相続税の支払いが困難である可能性が高いなら





空き家を売却し現金化しておくことも是非検討された方が良いです。









どんな不動産もいつでもすぐに売れるというわけではありませんので、早めに相談・査定をしてもらい、所有している不動産の大体の相場や流通性比率だけでも確認しておいた方が良いです。







ちなみに大体の相場や流通性比率なら不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)で自宅にいながら確認ができます。
※不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)は完全無料です。







現在、様々な不動産一括査定サイトが出回っていますが、日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」が最もオススメです。↓




日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」~簡単1分!完全無料!あなたの不動産の地価・相場を今すぐ確認!~


☆「イエイ」がオススメである10の理由

①日本で最初に不動産一括査定サービスを始めたパイオニアサイトである。(10年間の実績有り)
②加盟している不動産会社の数が全国1,000社以上あり、エリアカバー率は圧倒的No.1を誇っている。
加盟している不動産会社の一部↓
イエイ2016加盟企業.png
③現在までに300万人以上が利用している。(毎月3,000件以上の査定依頼あり!)
④お客様からの評判が悪い・クレームが多い不動産会社は加盟契約が解除されるシステムを採用しており、厳選された優良な不動産会社が査定額を提示してくれる。
顧客満足度97%!
⑥査定額に納得いかなければ、気軽にお断りが可能である。
⑦「とりあえず所有している不動産の現在価格が知りたいだけ。」という方でもご利用OK!
⑧室内を見られたくない場合は机上査定での相場確認も可能!
⑨最初から最後まで一切費用がかからない。
⑩入力はわずか60秒、あとは連絡を待つだけでOK!






特にここ最近はアベノミクスの影響なのか北海道、東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、京都、広島、福岡・沖縄の不動産、さらに駅徒歩10分圏内のマンションは高値で売却されておりますので、上記地域の不動産の売却を少しでも検討しているのであれば是非一度、地価・相場を確認され、納得できる査定額なのであれば思い切って売却されることもオススメします!








不動産一括査定サイト「イエイ」の具体的なご利用方法・手順・入力内容はこちらをご参照ください。⇓
不動産一括査定サイト「イエイ」のご利用方法・手順・入力内容の説明。











不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)の利用を躊躇されているのであれば、不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定)サイトを利用された方の声を一度参考にしてみてください。










また、不動産需要が最も多くなるのは毎年1月中旬から3月下旬の約2ヶ月間ですので、不動産を少しでも高くスムーズに売却する為には、この期間内に売却しなくてはいけません。







1月中旬から3月下旬に売れなかった不動産は、値段を下げない限り4月以降に売れることはない!と言い切ってもいいくらい、1月中旬から3月下旬の約2ヶ月間は不動産需要が多くなります。








この不動産需要が最も多くなる2ヶ月間を決して逃さないようにしてください!!






そのためには今すぐ不動産の時価(現在の相場)を確認し、今すぐ売却活動を始めることが必要となります。








あなたが不動産を少しでも高くスムーズに売却することをご希望されているならば、今すぐ不動産一括査定サイト「イエイ」不動産の時価(現在の相場)を調べ、実際に売却するかどうか検討してください。






そして、実際に売却することが決まれば早急に売り出すのが賢い不動産の売却方法です。












不動産取引はあなたの今後の人生を左右するといっても過言でもない大切で高価な取引です。








大切な思い出詰まった不動産は、手放す最後の最後まで大切に。





※是非参考にしていただきたい記事↓


不動産を今、売却すべきかどうかお考えのあなたはコチラ!!



不動産の価値が今後上がるのか下がるのかを知りたいあなたはコチラ!!



オススメな媒介契約についてはコチラ!!



商業地の土地・建物や収益物件・投資物件・事業用物件の売却を検討されているあなたはコチラ!!



住宅ローンの返済がしんどい等、住宅ローン返済にお困りのあなたはコチラ!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0