So-net無料ブログ作成

粗大ゴミ・不用品回収の無料料金見積りはこちら! [粗大ゴミ・不用品回収の無料料金見積りはこちら!]

空き家を売却するor賃貸募集する場合、室内に残っている粗大ゴミや不要品・荷物は撤去・処分しなければならないのでしょうか。

家具.jpg







売却に関していいますと、粗大ゴミや不要品・荷物で溢れかえっているようなひどい状態であれば売却前に撤去・処分が必要でしょうが、足の踏み場があり、室内内覧に支障をきたさないのであればそのままで買い手を募集し、買い手が決まってから撤去・処分すれば問題ありません。





また、買い手との交渉次第では荷物の撤去・処分を買い手にしてもらうことも可能です。
(ただし、基本的には荷物の撤去・処分は売主がします。値段を100万円下げるから荷物の撤去・処分は買い手がしてくださいね等、値段交渉が入った際に買い手に荷物撤去・処分をしてもらうケースも稀にあるということです。)








反対に、賃貸はそうは行きません。まぁ法律で決まってたりはしないのでしょうが、慣習上、すぐに入居できるような状態にしてから賃貸募集を掛けることとなっております。また、荷物の処分・撤去だけでなく掃除やリフォームまで必要となります。

リフォーム済み.jpg







つまり、売却する場合は募集前に特に掛かる費用はございませんが、賃貸募集する場合は不動産の状況によっては数十万円~数百万円掛かる場合もあります。











さて、ではこの荷物撤去・処分ですが、リフォーム業者も行っていれば、清掃業者やリサイクル業者も行っておりますが、一体どこに頼むのが最も良いのでしょうか。









正直申しまして、私が実際に不用品回収をどこに依頼するか色々と話を聞いていた時に感じたことは、この業界は基本的に料金設定がなく非常に不透明な業界であると私は感じました。






顧客によって見積額が変わり、他社はもっと安いから値下げしてといえば多少安くなる。。。
ただ、あとで知ったのですが、私が見積依頼をしたその業者は安くする代わりに適切な処理をせずに粗大ゴミを処分し警察沙汰になった過去があったことが分かりました。






もちろん、そこには頼みませんでした。(私まで共犯者にされちゃ堪りません。)








そして私が最終的に不用品回収を依頼したのは、【スピード買取.jp】という業者です。





この【スピード買取.jp】は、亡くなった故人の遺品買取をメインで行っている不用品回収業者でして、処分に困っている遺品をまとめて回収してくれますし、料金もネットで事前に確認できるので安心です。






また、相談料・出張料・買取手数料・キャンセル料は全て無料です!












【スピード買取.jp】の受付フォームは、24時間ご利用できます。時間の空いた時にでも入力してみてください。





無料見積(WEBでも直接電話でもOK!)はこちらから↓

回収業者を呼ぶ前に。大切な故人の遺品、適正価格で買い取ります。
遺品整理で出てきたお品物の買い取りならスピード買取.jpがおすすめ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0